ドメインは中古であろうと値段はピンキリです。購入の際は自分のドメイン利用の目的などを明確にして検討する必要があります。ここでは中古ドメインに焦点を絞りブログを更新していきます。

中古ドメイン購入を検討する男性

中古ドメインはネットワークの評価に逆効果もある

SEO対策やバックリンクサイトの運用として使われている中古ドメインは、すでに被リンクがある状態からサイトを作成します。
上位表示までのスピードが速く、クローラーがサイトを反映させるまでの時間が短いというメリットがあります。
バックリンクサイトとしての効果も大きいので、利用している方は非常に多いサービスです。

ただし中古ドメインは必ずしも上位表示に役立つというわけではありません。
ネットワーク上の評価ではリンクが逆効果となるケースがあるのです。
例えば低品質リンクが送られている場合やIPが集中している、アンカーテキストが分散していないなどが挙げられます。
これらのリンクは効果のあるリンクとしてはなく、存在しているだけでサイトに悪影響を及ぼすものです。
当然、サイトの上位表示に影響があり、コンテンツをいくら入れても順位が上がらないという場合もあります。
最悪の場合はサイトが飛んでいる可能性もあるので、クローラーに巡回されているか確認してみても良いかもしれません。

中古ドメインを運用するときは被リンクの状態やアンカーテキストをしっかりとチェックしておいたほうが良いでしょう。
Ahrefsなどのツールを使えば、リンク本数やリンク先のサイトを確認できるので上手に活用してください。また中古ドメインであってもコンテンツの充実は必須事項です。
ドメインパワーだけでは上位表示にも限界があるので、ユーザーのニーズを満たすコンテンツ作りを心がけてくださいね。

ポイントさえ押さえておけば、リンクが逆効果となるケースはほとんどありません。
ドメイン購入前にしっかりと調べておけば対応することができるので、うまくドメインを活用するためにもリンク状況を確認するようにしてくださいね。