ドメインは中古であろうと値段はピンキリです。購入の際は自分のドメイン利用の目的などを明確にして検討する必要があります。ここでは中古ドメインに焦点を絞りブログを更新していきます。

中古ドメイン購入を検討する男性

中古ドメインへの引っ越しはポートも確認が必要

中古ドメインを利用する場合はいくつか注意点があります。
その一つがポートです。
ポートはサイトを運用する際に重要な設定の一つであり、バックリンクにも関係しているので自身が作る予定のサイトとの兼ね合いが大丈夫かチェックしておきたい箇所の一つです。
また、中古ドメインに引っ越しをする前にいくつかチェックしておきたい部分があります。
その一つがバックリンクが相対パスになっているかどうかです。
バックリンクは検索サイトへのアピールになりますが、生きているリンクでなければ意味がないという意見も多くなっています。
そのため、ドメインが同じでもページにアクセスできなければ検索サイト側で無視するリンクも出てきていると考えられています。
リンクには相対パスと絶対パスがありますが、絶対パスで登録されているバックリンクが多いサイトは使いにくくなります。
相対パスならサイトの設定で作りやすくなりますが、絶対パスでは手間がかかりすぎるのです。
しかも引っ越し師をしたらすぐにロボットがきてリンクも含めてチェックが入ります。
その際、過去のサイトとの違いをチェックしますからコンテンツが同じようなカテゴリの記事を集めたからと言ってリンクを活かしてくれるとは限りません。
中古ドメインを購入する前にバックリンクはチェックしやすいですからそれぞれのリンクもチェックしておきたいところです。
特に絶対パスでのリンクが多いドメインは購入する前によく考えておきたいところです。
さらにリンク先が機械的に作られたサイトであるときも注意したいところです。
業者が介在するリンクは検索サイトで無視される傾向が強くなってきているので中古ドメイン購入には注意が必要です。